閉会からの猛暑

BERUNです。

先週は久しぶりにブログの更新を休んでしまいました。
いつもわたしの駄文にお付き合いいただき、ありがとうございます。

オリンピック閉会と共に猛暑がやってきました。
先週のはじめの都内の最高気温は39度。暑かったですね。
体温を上回る日はノージャケットデイでいいと思います。

そして猛暑から打って変わり、先週からずっと、全国で悪天候が続いています。
豪雨により、安心安全な場所が奪われてしまった方、一日も早い復興を願っております。

ジャケットを着ずにいかにエレガントな印象を出すか、これはかなりのセンスが問われます。すべての世界は究極引き算になっていくものですが、サマースタイルはまさしく引き算の美学です。

この少ないアイテムでいかに優雅な印象を出せるかが問われます。

言わずと知れたウィンザー公の余暇のスタイルは何度見てもエレガントで格好いいですね。

トラウザーズのゆとりがなんとも美しい。そして当たり前のようにインの2タック。
わたし的に、ベルトループの位置がとても気になっています。この幅でいけば、ループの数は4つか5つではないでしょうか。ループも少なくすることで、カジュアルな印象を消すことができる、とてもいい例ですね。

またトップはポロシャツでしたらスポーティな印象になってしまいますが、このオープンカラーでしたらそうはなりません。

秋冬生地

8月始めに生地が大量に入荷したのを皮切りに、リネンを身にまとったお客様方が、起毛した秋冬生地を愛でる日が続いております。
この季節のアンバランスな感じがなんとも日本らしいです。

四季の彩で感覚が著しく変わる日本で、先の季節のことを考えて生地を選ぶのはなかなか難しいものです。
(毎年季節の移り変わりと洋服をリンクさせて生きている方にとっては容易なことですが)

今は夏の身体になっていますから、全身の感覚が夏仕様になっています。
その夏の感覚の中、秋冬物の生地を触り、想像をするというのがいかに難しいことか。

ですが、BERUNの場合は大抵の場合、わたしが想像をしてお見立ていたしますので、ご安心ください。

まぁそれにしても何度見ても秋冬の生地は魅力的です。見るたび自分であれこれ妄想しては仕立てたくなってしまいます。

the book更新

新たにthe bookの項目を2つアップいたしました。

いつも話していることですが、長い歴史の観点から、日本人の四季に対する意識を書かせていただきました。

お時間のあるときにでも、お読みいただけたら幸いです。

もう一つはこちら。

わたしの眼鏡愛を全開にして書きました。もうこの項目で、今週のブログはお疲れ様でした!というくらい書きました。笑

これをご覧になっていただけたら、完璧な指針ではないにしても、こういうものを探してみればいいのか。という全体像は掴んでいただけるかと思います。

眼鏡難民であった方に、少しでも参考になれば幸いです!

-Atelier BERUN-
東京神楽坂のビスポークテーラー

東京都神楽坂6-73-15
メゾンドガーデニア301

http://berun.jp/
Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です