Personal

BERUNです。

年始になってから様々な方とお会いさせていただく機会が増え、たくさんの方のスーツ姿を見ております。
多くの人を見ていて感じるのは、”スーツだけがしっかりしている”方がほとんどだということ。全身の装いをしっかりと組み立てている方はほとんど見受けられません。

The Book
でも書いているように、装いは全身のトータルバランスが最も重要です。
それは言ってしまえば、”頭の先からつま先まで”です。

首から下はしっかりと整えているが、髪はツーブロックでパーマを当て、眼鏡は鋭角なメタルフレームの物をかけている。(ツーブロックやメタルフレームがわるいと言っているわけではありませんが、あまりわたしの趣味趣向ではないというだけです..)

実はこういったスタイル、わたしのお客様でも全くいないというわけではありません。
わたしの周りの方は、餅は餅屋とプロを信用する方が多いので、長くお付き合いしている美容師からのアドバイスを快く引き受けたことによって、首から上だけ最新式になるということが起こります(今年はこのツーブロックスタイルも落ち着くとは思うのですが…)。
そして以前はわたしが、首から上はその人のパーソナルな部分だから、あまり強く変化を押し付けるのはやめておこう。といった(余計な)配慮がありました。
しかし世の中のたくさんのスーツ姿の男性を見ると、そういった方がとても多い。そのパーソナルな部分にもわたしがしっかりとアドバイスをしていかない限り、その方の大きな変化は望めないと確信しました。
せっかくお越しいただいたのだから、ただスーツを作るだけでは意味があまりありません。飛び切り喜んで、人生に大きな変化をつけていただきたい。

 


 

さて、前述しておりました、新たな縫製工房でのサンプルが完成しました。

IMG_3251

今までのクオリティと一言で違いを申し伝えますと、”空気を含んだ衣服”とでも言いましょうか。
より立体的に、人の身体に自然に吸い付くような着心地が感じられます。
そして無理をしないフィッティングにより、スタイリッシュからエレガンスへと向かっていきます。

今年から標準のクオリティを上げていきますので、楽しみにしていてください。

 


 

日曜日はご紹介ではなく、HPからご連絡をくださった方が3組お越しいただきました。
そのお一組は納品でしたが、いざフィッティングとなり、すべての衣服が身体に収まると、ふっと不安から喜びの顔へと変わりました。
それはそのはずです。初めての店でのオーダーとなれば、どんなものができるか、想像の範疇に収まるはずがありません。
フィッティングルームから出てくるまではいつもドキドキしますが、わたしよりも、お客様の方がどきどきしているのですね。

IMG_3265

オリジナルタイで真っ先に売り切れたエンジのソリッドタイと合わせました(こちらはわたしが私物として取り置いていた最後の一本でした笑)。グレー×エンジ、ネイビー×エンジの組み合わせは外れがありません。華やかさもありながら、着ける人を選ばない汎用性の高さも魅力です。

 


 

最後になりますが、BERUNでは今年から一緒に働くスタッフを募集することにいたします。
年齢、経験は問いません。学生の方も歓迎いたします。

トラッドを愛し、共に学び、伝統を伝えていきたいという方がおりましたら、ぜひご連絡をお待ちしております。

 

 


Atelier BERUN

東京都新宿区神楽坂6-8-23

http://berun.jp/
Facebook
◆Tel : 03-3235-2225

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です